財布の風水で赤色はNG色だと言われているけど気にしなくて大丈夫

財布の風水で赤色はNG色だと言われているけど気にしなくて大丈夫

赤色

 

風水で最も嫌われる財布の色は赤色でしょう。

 

カラーヒーリングとしては赤色のエネルギーは優れた色、といっても過言ではありません。現在、心身共に疲れている方の味方になってくれる色です。

 

風水的には「赤色は陰陽五行で火に属するから、お金を燃やし赤字になる危険な色」と言われていますが、気にしなければストレス解消のお役に立つ色として活躍してくれる色なので、避けていたらもったいないですね。

 

赤色はカラーヒーリング効果として

  • 元気や行動力
  • 怒りの発散
  • 冷えの改善

以上の意味があります。

 

今回はカラーヒーリング効果と風水的なことについて解説します!

 

赤色が合う時ってどんな時?

もし、すでに赤色を多く身に付けていたら気力、体力が不足しているかもしれせん。不足したエネルギーを補うかのように赤色が気持ちよく感じていることでしょう。

 

元気や行動力が欲しいとき

赤色は人を元気にして行動力がアップし情熱的になる色です。

 

気力も体力もエネルギーダウンしている時は、おそらく赤色が心地よく感じられます。「赤色を見るとムカつく」という方は「ピンク」が気持ちいいでしょう。

 

赤色は人を興奮させ前に進み活発にします。

 

スペインの闘牛士が赤色の旗を牛の前にかざして興奮させますね。牛にも効果があるように人にも期待できます。

 

心の中にあるイライラや怒りを発散させたいとき

些細なことでもイライラしてしまう、何だかよく分からないけどムカつくし、あれも嫌い、これも嫌い、という時は一度や二度は経験している方が多いかもしれません。

 

心の中がSOS信号を発信しているので、怒りの解毒作用が必要です。

 

やり方として効果的なのは、まず深く椅子に座るかベットや布団の横になってリラックスします。

 

深く鼻から息を吸い口からゆっくりと吐き出します。

 

吐き出す時は赤色と黒色が混じったドス黒い息を吐き出すようイメージしてください。最後まで吐ききったら、再び息をゆっくり吸います。

 

今度は綺麗なトマトか西瓜みたいなキレイな赤色をイメージしながら息を吐いてください。

 

これど何度か繰り返すと、だんだんイライラや怒りが落ち着いてくることでしょう。

 

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

冷えが気になるとき

赤色は低血圧や低体温の方に好まれる色です。「赤色が好き」とはっきりしてる方もいれば「赤色って可愛い」と感じかたは様々です。

 

もう一つ、赤色は血圧が上昇しやすく体温も上がりやすくなると言われています。血液循環がよくなりやすいんですね。

 

いつも手足の指先が凍るように冷たい方は、赤色の財布を持ってみると効果を期待できるかもしれません。

 

 

風水的に赤色は浪費癖がある人は危険色?

風水

 

風水だと赤色は陰陽五行説の火に属するので、お金を燃やす危険な色とされ、縁起でいえば赤=赤字と言われています。

 

縁起でいう、赤=赤字というのは単なる ” 語呂(ごろ)合わせ ” です。

 

それに ” 証拠 ” がありませんね。

 

ですから赤色の財布を使っている方や、これから購入を考えている場合は何も気にしなくて大丈夫です!

 

それでも、どうしても気になる場合は金色の折り紙を二つ折りにして札入れのところに入れておくといいでしょう。

 

こちらも証拠はないのですが ” 類は友を呼ぶ ” と対人関係で言われているように ” 金色は金を呼ぶ ” ので、出費や浪費を抑えてくれる可能性があります。

 

さいごに

赤色の財布を「赤字になるから」と、これまで避けていた方は、特にエネルギーダウンしているときのレスキューカラーになると言われているので、選んでみてはいかがでしょうか?

 

赤色は太古の昔は ” 魔除け ” に使われていた色です。神社では鳥居の色に使われているのも偶然ではありません。
もしかしたら赤色の財布は ” お守り代わり ” になるかも? です。

 

そして何か心の変化を期待できるかもしれませんね!

 

 

▼ 自分だけの財布を探すなら ▼

 

⇒ JOGGOレビュ―はこちら

 

 

▼ 赤色の財布を探すなら ▼

 

⇒ AETHER(エーテル)

page top